ここはちょっと見せられない

ぜったいぜったい見せられない

Wordpressプラグイン、Akismet の有料と無料の境目

いろいろあって問い合わせたのでメモ。

docs.akismet.com

法人は無料プランは使えませんとちゃんと書いてあるんだけど、非営利団体とかだと、記事によっては使えそうな事書いてたりするみたい。惑わされてはいけない。きっちり確認したほうが良い。

あちこちググっていると、昔は教育機関用のプランとかもあったように見えるけど、まあPlusプランが使えるみたいなので、それを使うと良いですね。¥7375/year だそうです。

鍋の訪問販売におけるニセ科学

これ見て思い出したのでメモ。

昔、鍋セットを持っている友達に誘われて鍋の営業とお話したことがある。 そのメーカーの鍋を買った人は、メーカーから派遣された人にその鍋を使って料理を作ってもらえるサービスを利用できる、ということだった。

その代わり、営業もされるので、その覚悟があればぜひおいで、と言われたので興味津々でお招きにあずかり行ってきた。

鍋営業のお姉様曰く、死ぬまで重宝する品物(全部セットで30万くらいだったかな)で、わたしも使ってるし娘にも買ってあげた。これで料理するととても美味しく仕上がる。ということらしい。 普通の安いテフロンは、有害物質が料理に混ざるので健康に良くない、味も変わってしまう、今からそれを実演する、という演題であった。

実際に目の前で両方のフライパンが用意された。片方は売り物のステンレスのフライパン、片方は市販の安いテフロン加工のフライパンである。

そこに、それぞれ同量の酒・みりん・醤油を入れて加熱し、それぞれお皿に注がれた。

「まず見た目も変わりますよね」

とおっしゃるので見比べると確かにテフロン加工のほうで煮立てた調味料は若干濁っている。ステンレスのほうは透明感が損なわれていなかった。

ほうほう、そんなにテフロン加工の有害物質が溶け込んでしまうわけですな、ふんふん、と集まった友達連中で和気あいあいとおしゃべりしていた。

水を指すのもなんなので、帰ってからまあ試して見るわけですよ。内心「そんな濁るほど何かが溶け出したら消費生活センター取扱い物件じゃねーの?」って考えたわけで。

結果、自宅のステン鍋と使い込んだ安物のテフロン加工フライパンで同じ手順でやってみたわけです。

まあねえ、試す必要もなかったとは思うんだけどね。

実演で何が混ぜられていたのか、それが見抜けなかったのが心残りとなった残念な事件(?)なのだった。

メーカーが知りたい人はTwitterでDMくれたら教えるよ。

arconix-shortcodes を動かすと他のプラグインが動かないのでとりあえずの対処をしてみた。

ja.wordpress.org

Arconix Shortcodes に同梱されている js ファイルに、2008年当時の jQuery v1.7.1 本体が含まれていて、これが Wordpress が呼び出す新しいjQuery と衝突するようだ。

結果、1.7.1 が後から呼ばれているためか、そちらが有効になるらしく先に呼ばれた新しい jQuery が動かず、他のスクリプトでエラーが発生する。

結論から言うと、このプラグインのメンテが不十分、ということになるので、出来れば別の良いプラグインに移行したほうが良い。あるいは、プラグイン作者にフィードバックするとか。(誰かやって)

とりあえずは、このプラグインjquery.tools.min.js ファイルを編集して本体部分を消した。これだけで一応動く。

jquery.tools.min.js の配布元はもう息してないっぽいよ。

6ヶ月前に更新あるから、比較的メンテされてるほうでは、と思ったのが間違いだったかなと。

シンプルな仕様を作り出すのは意外に難しい

Wordpress のカスタマイズを請け始めて10年くらい経つ。 他の人が関与した成果物を見ることも多々あるけど、振り返って見ると「保守」にターゲットを絞って製作された成果物は最近とんと見かけなくなった。なんでかなーと思ってる。

もともと、最初の頃にがっつり関わることになったWordpressは、クラックされた事がきっかけで、回り回って私のところにやってきた案件だった。 製作会社が手を離した案件で、どういう理由でクラックされたあとに手を離したのかはわからない。(要するに金額が折り合わなかったのではと予想してるんだけど)

当時、よくみかけたのはアレ。「更新しない・させない仕様」ってやつ。そういうプラグインを入れておいてくれと言われることも多かったけど、頑なに断り、通知を消してくれないかと言われても無理だとつっぱねた。通知が無ければ更新できない。

クラック祭りを何度も経て、今では更新が業務になるようになった。しかしこれもつらい作業なんだよね。ボタンぽちぽちするだけだもん。誰でも出来るんだけど、自分ではできないらしい。まあそんなこんなでこれが仕事になっちゃっている。そのうち手元は自動化したい。CLIでやればいいとは聞いてるけど、色々な理由であんまりやりたくない。

そんで、いろんなテーマやプラグインを眺めているんだけれども、仕様がシンプルと思えたプラグインは、「Event Calendar 3」というやつかな。これを読み込んだのはWordpressを理解するのに役に立った。今更新が止まっているのが惜しい。 コードの書き方はまあ良いとして、仕組みとしては良かったと思う。類似のものはまだ見かけてないので、合ったら教えてほしい。

見ていて思うのは、「仕様を単純にする」というささいな事が如何に難しいかというトコロ。単純な仕様に落とし込むのは勘所も必要だなあと思う。「こうすればできるよ!」という話は多いけど、「こうすれば誰でも見ただけで仕様が理解できるよ!」は難しい。

複雑怪奇にするのは誰でも出来る。 誰もが見ただけで使い方を予想できる、単純かつ明快な仕様は、スティーブ・ジョブズが手がけたモノを見てると、ウェブサイトの運用現場としては最も必要なものかもしれないなーと。

オチなし。

grep で検索した結果のファイル名にスペースが有る場合、xargsへ正確なファイル名を渡せない

まあ、quote で囲めばいいじゃないと思って。

grep -r -l "置換え前" * | sed 's/^.*$/\"\0\"/' | xargs sed -i -e 's/置換え前/置換え後/g'

サーバを移転するのに、sakura のクラウドのDNSを使った話

同じホスティング内で新しいプランに移動することにしたのだけど、メール運用があったのでTTLを短くしたかったんですよ。でも、そのホスティングはゾーン情報は触れないし、TTLも短くしてくれなさそう(そういや聞いてないわ)だったので、TTL短くするためだけに一旦借り置き用のゾーンをsakuraで設定して新しいサーバに移すことにした。

(追記:ちなみに大塚商会さんだとゾーンも触れてTTLも変更できるよ)

ホスティングにゾーン情報ちょうだいって言ったら気持ちよくもらえた上に、外部のDNSの場合はこれこれこうしてくださいね、という指示ももらえたよ。ありがとうありがとう。

で、sakuraのクラウドに、グローバルんところからDNSを契約する。月額43円。 43円だよ。なんだこの金額。やっす!ありがとうsakura!

んで、ゾーン設定を抜かり無く設定して、ドメイン名のNSレコードを

 ns1.gslb2.sakura.ne.jp  ns2.gslb2.sakura.ne.jp

に変更。これを数日前にやっておく。 当然古い方のゾーンを仕込んでおく。 TTLは短くしておいて。

そんで、移行当日に変えるよーという宣言をしてから、ゾーンを新しいサーバに変更する。 全員にメールボックスからメールを受信しておいてもらう。 TTLは短くしていたからな。まあちょっと時間を置いてから、送受信サーバを新しい方に変えてもらう。

同時進行でホスティング側のゾーン情報を新しい方のサーバに移行する手続きをしておく。

問題なく新しいサーバでメールを受け取れれば、お客さんの移行は完了である。あっけない。

後始末として、しばらくしてからNSレコードをホスティングのものに戻して、sakuraのDNSを解約すればOK。

sakuraのNSは TTLが 259200 なので、消すのは3日以上後にすると良さそう。

もっとわかりやすくかけって?

めんどくせーよ。

あれですね、自前でDNSサーバ立てるのは無理ゲーだけど、こんだけ簡単にゾーン設定させてもらえるんだから、移転する時くらい使うべきですね。所詮レンサバなんてそもそも外部名使ってるんだし。

CPI ACE01 でサーバ移行(ACE01旧からACE01新へ)したらデータベース接続ができなかった話とレンタルサーバの未来

理由は単純。php.ini に

mysqli.default_port = 3307

って書かれていたから。 なんでそうなっていたかというと。

CPIでは、サーバの契約時期によって、MySQLが5.5と5.6が2つ入っているサーバがあるんだね。この時のサーバは5.5が3306、5.6が3307のポートに割り当てられていた。 今は新サーバでは5.5は提供されてなくて、5.6で3306ポート(つまりデフォルト)が割り当てられている。

で、今回そんなことすっかり忘れていたので、移行しようとしてしばらく悩んでしまったわけです。単純な事ほど気が付きにくいですね。

基本的には、契約時のサーバは契約解除するまで設定そのままっぽいねん。セキュリティ更新はしてるみたいだけどもさ。 ※CPIだけじゃないです。他んところもです。プラン名を変えてくれるところもあって、このプランは廃版です、みたいにしてれるとまだわかりやすいんだけどね。

レンサバって、同じホスティングであっても、定期的にプラン変更していかないと、サポートが切れたミドルウェアを使い続ける事になるんですよ。(RHみたく公式が切っても別でサポートし続けるってところもあるけどさ)

コンパネからはあんまりわかんないかもだけど、未だにPHP5.1とか5.3とかMySQL5.0とか入ってるサーバが10年以上も使い続けられていたりするんだよね。

保守してって言われて見てみたら、PHP7ないとかさ。

いやはやもう人外魔境なわけですよ。 でも、移行しようと思ったら手間だしやりたくないわけですよ。特にメールサーバ運用とかしてると。

メールボックスを別で管理してるホスティングとかだと楽なんだけど、あんまり多くないかな。

ホスティング側も苦慮してるっぽい感じの話は聞いたんだけど、まだまだぎょうさんあるんっすわ。ふるーいのが。

情報モラルの講演には「聞いてほしい人が来てくれない問題」ってのがあるんだけど、ホスティングもそうだよね。ずーっとお金払い続けてくれてるいいお客さんなんだと思うんだけどね。

どうすんのまじで。